妊婦さんの肋間神経痛。

妊娠3ヶ月になる患者さんが、左肋骨の痛みを訴えて来院されました。


話を伺うと、3ヶ月前頃から咳が止まらず次第に左肋骨付近が痛くなってきたとのこと。

妊娠中のため、X線も撮れず咳止めの薬も飲んでいない。

動作の変わり目や、咳をするたび激痛。

かなりひどい咳込み方だったので、肋骨にヒビが入っていることも視野に入れながら脊柱をみせてもらいました。

すると、痛みのある肋骨沿いの脊柱に、左の捻れがありました。
ヒビに対する簡易的な検査もしましたが、痛みが強すぎて判別できず。

肋間神経痛であれば、この捻れを治せば痛みもひくので、慎重に捻れを治します。


その場で痛みが大分収まり、また来院してもらうことにしたところ一週間後に来院され、痛みがほとんどなくなったと喜ばれておりました。

肋間神経痛と併せて咳止めの治療も致しましたので、そちらの方も喜ばれておりました。


肋間神経痛の原因は、脊椎の捻れ。ヘルペスウィルスであろうがなかろうが、脊椎矯正で良くなります。


妊娠中など薬に頼りたくない方、お力になります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
脊椎矯正・スカル(頭蓋骨)ケアプログラム・医療保険訪問マッサージ
よつば治療院
新潟市西区内野西2-1-14-2
025-378-3878
よつば治療院ホームページ
しあわせは、心と体の健康から
健康は、よつば治療院から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://yotsubatiryouinn.blog.fc2.com/tb.php/21-1d7ba6b2

 | ホーム |