プロフィール

よつば治療院

Author:よつば治療院
よつば治療院公式ブログ
『ヨツブロ』にようこそ!

当院は新潟市西区で、
・長生療術(脊椎矯正)
・スカル(頭蓋骨)ケアプログラム
・医療保険訪問マッサージ
をしています。

治療院情報や、患者さん症例など随時更新しますのでお楽しみに!!!


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


医療保険訪問マッサージ。

当院では、治療院まで来るのが困難な患者さんに対し、訪問マッサージをする取り組みをしています。


脳梗塞後遺症や、リウマチ、脊髄損傷など、麻痺や拘縮があり歩行が困難な方が対象となります。


メリットは、医療保険を使うので自己負担(1割~3割)のみで治療を受けれること。自宅で治療を受けれるので安心感があること。


デメリットは、医師の同意書が3ヶ月ごとに必要なこと。治療師一人で治療にあたっているため、当院近辺にしか訪問出来ないこと。


よつば治療院開業時には、この取り組みはしていませんでした。きっかけを頂いたのは、リウマチの患者さんからなんです。


リウマチ治療の為、毎日タクシーで治療院に通っていた歩行困難の患者さん。治療代のほかに往復のタクシー代。年金暮らしの方でしたので、負担は少ない方がいいに決まってます。


リウマチは治療を受ければ楽になりますが、継続的な治療が必要になるので、私もどうしたらいいものか考えていました。その患者さんが(保険で治療が受けれるといいのにねぇ)と言われ、インターネットで調べたらあったんです!


患者さんの為に少しでも役に立ちたい。その一心で勉強しました。ただ、何も知らなかった私にはとても難しいものでした。県の鍼灸マッサージ師会に入会し、保険のイロハを教えてもらい今に至ります。


治療院の合間を縫って訪問させてもらっていますので、そんなに多くの方は治療出来ませんが、歩行が困難で辛い方は一度相談下さい。
当院で対応出来なくても、県鍼灸マッサージ師会を通して治療院を紹介致します。


写真は訪問で伺っている患者さん。
小児麻痺、リンパ浮腫





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
脊椎矯正・スカル(頭蓋骨)ケアプログラム・医療保険訪問マッサージ
よつば治療院
新潟市西区内野西2-1-14-2
025-378-3878
よつば治療院ホームページ
しあわせは、心と体の健康から
健康は、よつば治療院から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長生療術。

当院の治療の根幹は、【長生療術】です。

これがなければ治療になりません。


長生療術とは、横浜にある浄土真宗長生寺の純宏法師というお坊さんが作った治療法で、脊椎矯正・精神療法・プラーナ(気)療法の三つで成り立ちます。


お坊さんなので法話を説くわけですが、身体が不自由で聴きに来れない人がいた。心の救いも必要だが、身体の救済もしなければ!ということで、最初は手探りで治療法を模索しました。


数多くの背骨を見せてもらい、健康な人の背骨と、不健康の人の背骨の違い。長命系と短命系の背骨の違い。細やかな症状別、疾病別にも特有の捻れがあることを発見し、その矯正法も開発されました。


そのいわば統計医学プラス解剖学などの現代医学を融合させたものが、脊椎矯正なのです。

脊椎矯正について、もう少しだけ詳しく。

脊椎(背骨)の中には脳から脊髄神経が走っていて、四肢、体幹、内臓のほとんどを支配してます。
その脳から末梢にいく途中にあるのが各脊椎、背骨の間から神経が出て手足などに伸びるわけですが、その背骨に捻れがあれば、神経にも当然圧迫ないし障害が出て末梢や内臓に症状を出します。

脊椎の捻れを治すと、症状が治ったり、内臓の調子が良くなるのはこの為です。


精神療法は心の声を聞く。


プラーナ(気)療法は手当ての原点。


かなり簡単に説明すると、こんな感じの治療です。


長生療術は、東京都大田区にある長生学園というマッサージ師養成専門学校で学べます。脊椎矯正を教えるマッサージ師養成専門学校はここしかないでしょう。


三年間の間は生理学、解剖学、東洋医学をはじめ実技指導や解剖見学など、様々な専門的なことを勉強し、国家試験に臨みます。


卒業後、希望する人は基本的には修業の形で各師匠に弟子入りします。


自分も卒業後、6年半厳し~い修業に入りました。修業の事はまた後日お話しします。


写真は長生療術の教科書。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
脊椎矯正・スカル(頭蓋骨)ケアプログラム・医療保険訪問マッサージ
よつば治療院
新潟市西区内野西2-1-14-2
025-378-3878
よつば治療院ホームページ
しあわせは、心と体の健康から
健康は、よつば治療院から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

««前のページ  | ホーム |